2011/08/31

text by yasube

TENRYU BAY BLAZE BBZ702S-ML

何について、書いて良いのか、かなり悩みました。
やすべぇには、何を題材にしても、インプレって言葉が、ハードル高かったです。

 

水産的には、水産工具でも書こうかと思いましたが、水産工具ってなんだ!? 

 

後々インプレって言葉に慣れてきたら、色々なものを紹介してみたいと、思っています。

 

と言う事で、今回は、カヤックで使用しているロッドについて書かせてもらいます。
私が、メインで使用しているロッドは、TENRYU BAY BLAZE BBZ702S-MLです。サブで、使用しているロッドは、SHIMANO SALTY SHOT S606MLです。カヤックで釣りをするなんて、予想もしていなかったので、当初は、たまたま手持ちのロッドで、長さ的にも使えそうだった、SALTY SHOTを使用していました。実力的に小型~中型を主体に水揚げしていたので、十分かなと思っていましたが、中型(フッコ)クラスでも、バットまで曲がってしまうため、魚に主導権を取られる機会が、増える場面が多かったです。

 

そこで、大物を目指すにも何か良さそうなロッドを価格、スペック等で検索、助言をもらい、ベイブレイズにたどり着きました。メーカ説明では、『秋口のストラクチャーや沈み根に潜むモンスター級のビッグシーバスを狙う1オンスクラスのバイブレーションや大型ミノーのキャストに対応できるハイパワーロングロッド。

ロングレングスは遠投して広範囲を探れ湾岸に限らずサラシのボートキャスティングにも有効です』と説明されていますが、使用して魚をかけてみた感じを、簡単に書きます。怒らないで下さい。『ルアーもよく飛んで、バットが強い。

 

しかし、ティップは適度に柔らかいので、小型のあたりも、そこそこ取れる』って、感じです。SALTY SHOTより、長くなっているので、若干重くなった感じはありますが、12cm以上のミノーや、20g以上のバイブレーションでも、ストレスなく投げられるのは、気持ちよいです。

 

2本しかカヤックロッド持っていませんが、バットも、見比べてみると大分違います。太いので、同じサイズの魚を掛けても、圧倒的に主導権を取れてると思います。

沢山ロッドを使用した方が、違いや特性を理解しやすいのかもしれません。
でも、なかなか何本も・・・。って、思う方もいると思います。

 

やすべぇは、カヤックでは、この2本でやってます。たまに、ベイトも使いますが。
干潟等で、小型が主流の場合は、SALTY SHOTで、曲がりを楽しんだり、ここぞと大物狙いの際は、BAY BLAZEでいきます。こんな説明じゃ、わからねーよと、思う方!!沢山いますよね、きっと。現場でお会いした際は、気軽に声をかけて下さい。お貸しします。投げてみてください。体感してください。不明点については、質問していただければ、分かる範囲で、勝手な意見で、お答えいたします。

<<Rod Spec>>

Model:BBZ702S-ML

Length:7.0ft

Lure:5-28gr

Line:8-12lb

Sec:2(Butt Joint)

Weight:133gr

Maker Home page:TENRYU

 

Rodに戻る

Access Counter

現在の閲覧者数:

最近の釣れ筋Lure

50%OFFとか超お買い得!

icon icon

RBBライフベスト BV-902

伊豆ヒラにはコレだ!

icon icon

Maria タイトスラローム 

icon icon

Maria Fake Baits F130

三浦で磯マル連発!

icon icon

ima HOUND125F GLIDE

icon icon

ima 魚道130MD

春烏賊に最適!

icon icon

エギ王Q LIVE

上州屋.net

多くの有名アングラーが釣行記や様々なメソッドについて執筆中!

団長の玉砕せんせいも書いています。

 

↓携帯からアクセス!!

神奈川県-横浜新山下


提供:釣り情報フィッシングラボ

Web Shopping Site

アウトドア&スポーツ ナチュラム

クロックス オンラインショップ

オートバックスドットコム