Kayak Fishing とは

カヤックって何?

カヤックとは、カヌーの一種です。

カヌーは、片側だけに水をかくブレードが付いているシングルブレードパドルを用いるのに対し、カヤックでは、両側に水をかくブレードが付いているダブルブレードパドルを用います。

このように、漕ぐ道具の違いで分類されています。

 

さて、私たちカヤックフィッシングアングラーが使用するカヤックについてご紹介しましょう。

 

私たちが使用するカヤックは、シットオントップカヤックと呼ばれるものになります。

その名の通り、艇の上に座るタイプのカヤックで、一般的に皆さんが想像する中にスポッと入るタイプ(シットインタイプ)のカヤックとは異なります。

艇は中空構造になっており、転覆しても簡単に沈んでしまうことはありません。

 

長さは、おおよそ12~15フィート(約3.8~4.5m)、幅75~80cmが主流となります。

材質は、PE(ポリエチレン)で出来ているものが多く、衝撃には強くなっています。

現在では軽さや塗装の鮮やかさを売りにしたABS樹脂性のものも存在します。

 

艇選びの注意点などは、第3漕.何が必要?の本体関連詳細で紹介します!

 

 

転覆はしないの?

カヤックを体験したことのない方が一番気にされることですね!

 

フィッシングで用いるシットオンタイプのカヤックは、艇により多少の差はあるものの簡単に転覆してしまうようなものではありません。

 

白波が立ち上がるような強風の日や艇の上で立ち上がったりすることが無ければ、釣りをしていて転覆することは少ないと考えていただいて結構です。

 

注意しなければならないのは、しっかりとフィッシング用のカヤックを選ぶ事です。

ツーリング用のカヤックなどは、進んでいる時の安定性はあっても、静止時の安定性が低かったりします。静止していることの多い釣りでは、止まっているときの安定性が重要となります!

 

転覆の危険性が最も高いのは、砂浜など波が立ち上がる場所での離着岸時です。

これについては、第6漕.出艇&着岸方法で紹介します!

 

 

釣りのスタイルは?

カヤックでは、立ち上がる事が出来ませんので、座った姿勢のまま釣りをすることになります。

 

対象魚種は多岐に渡り、シーバス、アオリ烏賊、青物、真鯛、シイラなどが代表的なターゲットでしょうか。

海外のサイトを見ると、とんでも無く大型の魚を仕留めているものもありますね!

 

座った姿勢やカヤック上は陸上とは異なり、不安定さがあります。使用するタックルに求められる条件は、オカッパリでもボートシーバスに求められるそれとは異なってきます。

 

制約の多いスタイルでもありますので、釣りのスタイルについては、第8漕.釣ってみる(シーバス)で詳しくご紹介します。

 

 

どこで楽しめるの?

ここは少し難しい問題であったりします。

が、基本的にはどこで楽しんでいても問題ありません。

 

とは言え、船舶の航路内や漁業施設(漁礁や海苔棚)などがある場所では、釣り自体が禁止されている場所もあります。

事前に地域に精通しているカヤックショップや釣具店で情報収集をすれば良いでしょう!

 

出艇ですが、こちらも漁業施設(港や漁業者の使うスロープ等)の使用は控えましょう。

車から多少遠くても、ドーリー(カヤック用カート)で引っ張って行き、砂浜等から出艇することをおすすめ致します。

 

 

2011/04/08 UpDate

Written by Gyokusaisensei

Access Counter

現在の閲覧者数:

最近の釣れ筋Lure

50%OFFとか超お買い得!

icon icon

RBBライフベスト BV-902

伊豆ヒラにはコレだ!

icon icon

Maria タイトスラローム 

icon icon

Maria Fake Baits F130

三浦で磯マル連発!

icon icon

ima HOUND125F GLIDE

icon icon

ima 魚道130MD

春烏賊に最適!

icon icon

エギ王Q LIVE

上州屋.net

多くの有名アングラーが釣行記や様々なメソッドについて執筆中!

団長の玉砕せんせいも書いています。

 

↓携帯からアクセス!!

神奈川県-横浜新山下


提供:釣り情報フィッシングラボ

Web Shopping Site

アウトドア&スポーツ ナチュラム

クロックス オンラインショップ

オートバックスドットコム